探偵で詐欺被害に遭っている方の共通点3つの料金

この記事は7分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

このページでは、私が探偵社へ妻の浮気調査を依頼した
実際の体験談を載せています。電話相談から、相談員との面談
浮気調査の依頼、契約、調査中の探偵とのやり取り、調査後の
調査報告までのすべてを公開しています。

探偵へ依頼するまでの苦悩をつづったプロフィールはこちら

では、探偵社への電話相談の体験談をお見せする前に、
まずは、最低限押さえていきたい詐欺業者の手口と、
依頼する際の最低基準からお話ししていこうと思います。

ここさえ、押さえておけば詐欺被害に遭わなくて
済みますので、まずは、自己防衛の為の知識を押さえて
いきましょう。
プロフィールでもお伝えした通り、疑惑のレシートを発見してから
探偵事務所に、妻の浮気調査(素行調査)を依頼しようと決意したんですよ。
でも、どこの探偵社が信用できるのかが、
さっぱり分からなかったんですよね…。

だから、とにかく調べました。
調べに調べました。

すると、調べてみて、すぐに分かったことがあったんです。
それは、探偵会社や興信所に依頼した人が、悪徳業者の
詐欺被害に遭っているという現実でした。

そして、その数が多いこと、多いこと
金額も大きいこと、大きいこと

それもそのはず、情報が全くないんです。
自分が依頼した探偵社は、まっとうな会社なのか?
その判断基準を作れるだけの情報がないんです。

だから、今自分が、詐欺被害に遭っているのかどうか?
依頼して調査が終わってみないと分からないんです。

まあ、後から気づいても後の祭りなんですけどね…。
だから、その現実を知った時、正直、尻込みしました…。
怖いなって…、自分も騙されそーって
思ったんですよね…。

でも、それと同時に、前に進まなきゃって思ったんです。
前に進まなきゃ、何も変わらないなって、今のモヤモヤした状況が
続くだけだなって、思ったんです。

だから、あのレシートを見たときの悔しい想いを思い出して、
怖い気持ちを払拭するために、調べていったんです。
そしたら、いくつか悪徳探偵を見分けるポイントについて
分かるようになったんです。
今からそのポイントについて、契約前、面談時、契約時の
3つの場面に分けながら、お伝えしていこうと思います。

今から話すチェックポイントをちゃんと押さえていけば、
悪徳業者には引っかからずに済みますので、何度も読んで
頭に叩き込んでおいて下さいね。

では、話していきたいと思います。
まず何といっても、知っておいて欲しいことは、
【詐欺被害に遭っている方の共通点】です。
よくよく調べていくと、悪徳業者に騙されてしまった人には、
ある共通点があったのです。

だから、この共通点を把握しておくことで、
大部分のリスクを回避することができるのです。

もったいぶらずに言いますよ。

その共通点とは、、、
“料金”に関することでした。

探偵事務所、興信所とのトラブルで一番多いのが、
料金に関することだったのです。

当たり前といえば、当たり前なのですが、
物凄く、大事なことなんですよ。

料金に関する、悪徳探偵会社の手口は、
大きく分けると3パターンありますので、
しっかり、頭に叩き込んでおいて下さい。

「大丈夫でしょ!」では、騙されますからね。
うるさいようだけど、騙されて欲しくないから言っているんです。
しっかり、頭に叩き込んでおいて下さい。

では、1つずつ説明していきます。
まず、1つ目のパターンは、
何といっても“①法外な料金設定”です。

費用の基準が分からない、依頼者に付け込んで、
相場をはるかに越える調査料金を請求するケースが、
1つ目のパターンに当てはまります。

だから、まず最初にクリアにしたかったのが、
探偵事務所に依頼する際の“料金相場”です。

何でもそうですが、相場が分からないと高いのか安いのか
基準がないだけに、サッパリ分からないんですよ。
とにもかくにも、あなたにも覚えておいて欲しいのは、
探偵に依頼する場合の料金相場なんです。

 

探偵に依頼する際に必要な相場感覚を身に付けること。
この料金相場を知ることが、詐欺業者から身を守る、
第一歩となるのですからね。

というわけで、探偵に依頼する際に必要な
料金相場をお伝えしていきます。
私が調べていった結果、一番参考になったのが、
こちらです↓

『調査員2名で行う場合、1時間あたり
1.5万円~2万円が目安となる』

これは、2005年に一般社団法人東京都調査業協会が
素行調査や、浮気調査について行ったアンケート
調査の結果なのですが、

これを基準にすると分かり易いと思います。

これ以外にも、、、

・一時間当たりで調査員2名の料金の目安

1.大規模な探偵事務所…1万~2万5千円
2.中規模な探偵事務所…1万5千~2万円
3.小規模な探偵事務所…1万円~1万5千円

別資料から引っ張ってきた数字ですが、
こちらも上記で載せた、一般社団法人東京都調査業協会の
アンケート結果と、おおよそ同じくらいの料金設定だと思います。

なので、このくらいを探偵に依頼する際の
料金相場だと思っておいていいでしょう。

これで、料金相場の把握はできたことになります。

実際に探偵に依頼する際は、今伝えた料金プラス、
車両費などの経費に、調査報告書などを作る際の手数料がプラスされますが、
まずは、基準となる相場感覚を身に付けておけばOKです。

詳しい料金の説明に関しては、別ページにまとめていますので、
参考にしてみて下さい。

探偵業界が電話で料金を伝えない理由→
時間料金制と注意点→
パック料金制と注意点→
成功報酬制と注意点→
その他依頼者が負担しなくてはいけない料金項目→

この基準をもとに、各探偵事務所のホームページで
料金を調査していくところからスタートしました。

ネット上にある探偵社の数は、とにかく多かったので、
私が実際に調査した方法は、ホームページで料金体系を
しっかり明示している探偵会社しか、はじめから、
候補に入れませんでした。

曖昧な設定にして、面談に誘い込んで契約させる
悪質業者の詐欺被害の報告も見ていたので、念の為、
引っかからない為にも、排除しておいたのです。

また、料金をぼったくるだけでなく、

“②ロクな調査もされないまま、何の証拠も貰えずに、
払ったお金も返してもらえないケース”も頻発しているようでした。

これが2つ目のパターンですね。

調査しているかどうかすら怪しい。
別の探偵事務所に同じ調査を依頼したら、2日で証拠が上がったなんて
事例もあるほど、調査自体をロクにしない探偵会社もあるようです。

お金だけ取られて調査をされない…。

これも何としても避けたかったので、あれこれ調べていきました。
その結果、ある条件をクリアした探偵社だったら、
この問題を、未然に防げることが分かったのです。

その条件は3つ目の詐欺のパターンを紹介した後に、
ちゃんと、お伝えしていきますのでご安心下さい。
とにかく、2つ目のパターンは、はじめっから
真面目に調査する意思がない探偵事務所・興信所です。
こういった探偵社に当たってしまったら最後、お金だけ払って、
何の調査もされず、費用だけ取られてさようなら…。

こんな悲しい結果となってしまうのです。

実際に、このケースで消費者生活センターに相談された事例も
たくさんありますので、自分だけは大丈夫だといった、
甘い考えは捨て去って欲しいと思います。

次に3つ目のパターンですが、これもかなり酷いです。

3つ目のパターンは、途中で契約解除を希望した場合、
“③法外な違約金を請求されるケース”です。

違約金に関しては探偵業界の料金システムのページで
詳しく説明していきますが、非常に、大事な項目ですので、
重複しますが、このページでも解説していきます。
探偵業を営む業者は、探偵業法の制約を受けています。

これには例外は無く、どの探偵事務所や興信所も、
探偵業法を遵守しなくてはいけないのです。

契約する際も、探偵社は探偵業法の制約を受けます。

探偵事務所は、依頼者と契約する際、
事前に重要事項説明を行った上で、書面による契約書を
交わさなければいけないのです。

探偵業法の成立によって、弱い立場である依頼者は
守られると思ったのですが、残念ながら、現状の探偵業法では、
依頼料の基準はおろか、違約金はいくらにしなくてはいけないなど、
明確な記述は書かれていないのです。

よって、調査料金も違約金に関しても、
各探偵社が独自に決めているのが現状なのです。

真面目に調査してくれる探偵事務所や興信所の場合は、
契約書の中で、途中で解約した場合は、調査日数に応じて
費用を返金されるとの記載がされている場合がほとんどなんです。

これは、旅行代理店などを想像してもらえれば分かる通り、

探偵業の依頼でも、、、

『契約解除は、何日前までだったら違約金は掛からない。
何日前までだったら、○○%の解約料が掛かり、調査が始まっていたら、
日数に応じて、支払った分の○○%が返金されますよ』
って契約になっている場合が多いのです。

しかし、悪質な探偵事務所は、契約書に書いていないばかりか、
契約時の口頭での説明すらしないのです。

だから、依頼者は実際に解約を申し出た段階になってはじめて、
違約金についての説明を聞かされるのです。

聞かされるだけいい方です。
何の説明もないまま、返金金額を少なく見積もったり、
最悪、返金に応じなかったりする、詐欺業者もいるのです。
こういった悪質なケースが、国民生活センターへの
被害報告でも寄せられています。

・返金すると言っておきながら、期日を過ぎても返金しない。
・違約金が掛からない日に、解約を伝えても違約金を取られた。
・解約を伝えたいが、担当者がいないと言って取り合ってくれない。

実際にこんな詐欺被害に遭っている方の事例が多々あるのです。
こういった被害は、調べれば調べるほど出てくるんですよ。
でも、今はなしてきた3つのパターンはまだいい方です。

なぜなら、、、

一番最悪なのが、今話してきた3つのパターンが
癒合したケースがあるからです。

もともと、料金設定が高すぎた上に、ロクな調査もされず、
途中で解約しようとしたが、事前の金額よりもはるかに少ない金額しか
返金されなかったケースや、解約に応じないケース。
つまり、高額な費用を支払った上に、何も結果は得られないケースです。

こういった悪徳探偵社に騙されてしまった人を思うと
何とも言えない気持ちになります

調べていて他人事じゃないと思いましたし、
ただでさえ、妻や夫が浮気をしているかどうかで、
心が弱っているのに、さらに頼った探偵社や興信所に騙されてしまったのだから
それはもう、言葉にできない辛さだったでしょう…。

判断力が弱っている今だからこそ、必要な知識は、
このブログにまとめてありますので、しっかり、学んでから、
頼る探偵会社、興信所を決めていって欲しいと思います。

で、先ほどの2つ目、3つ目の詐欺トラブルに遭わない為には
ある条件をクリアすれば、未然に防げるとお伝えしておきましたが、
今から、それを書いていきます。

いいですか、
2つ目、3つ目のトラブルを未然に防ぐには、

何といっても、、、
『料金後払い制』の探偵社を選ぶことなんです。

これが調査自体をされない、または、解約時に返金してくれない
といった詐欺被害から、守ってくれる最強のトラブル回避法なんです。

2つ目、3つ目のパターン。

先に料金を払うから、トラブルになると思いませんか?


②ロクな調査もされないまま、何の証拠も貰えずに、
払ったお金も返してもらえないケース

③法外な違約金を請求されるケース

先に払うから、ロクな調査をされないにもかかわらず解約しても
料金が返ってこなかったり、法外な違約金を請求されるんて
詐欺被害に遭ってしまうんです。

考えればすぐ分かることですが、探偵事務所からしてみたら、
後払いだったら、変な調査をした段階で依頼主に途中解約を
される恐れもあるし、最悪、これまで調査した分の調査料金を
払ってもらえない場合だって考えますよね。

だから、後払いの場合は、
変な調査はできないんですよ。

つまり、料金を払っていない分、こちらが強い立場にいれるんです。

このアドバンテージが大きいですよ。

事前に後払い制の探偵事務所を選べば、変な調査をされた場合、
最悪、解約すれば終わりですし、先に払ってないんだから、
返すも何も、そんな問題にならないんです。

まあ、正確には、手付金は払わなければいけない
探偵社が多いですので、0円で済むという事は無いですが、
それでも、かなりのリスクを軽減することができますよね。

(ちなみに、今回私が依頼した探偵事務所は、探すの大変でしたが
初期費用も0円でしたので、本当にノーリスクで依頼でき助かりました)

多くの探偵社は、後払いのリスクを分かりきっているので、
ほとんどの探偵会社は、料金先払いを採用しています。

依頼者を信用していないのか、調査能力に自信がないのか、
そのあたりは不明ですが、後払い制を採用している探偵社は、
そう多くはないんです。

だからこそ、後払い制を採用している調査会社は、
それだけ、自社の調査力に自信がある証拠だともいえます。
調査が終わってからでも十分、満足してもらっている自信がある。
ちゃんと支払ってもらえる自信がある。

だから、後払いにしても大丈夫だ。
後払い制を採用している調査会社は、調査能力に自信があると
宣言しているものなんですよね。

もちろん、はなっから手付金だけもらえればいいと、
割り切っている悪徳探偵事務所、詐欺興信所もありますので、
100%安心ってことはありませんが…。

色々調べた結果、出した答えが、後払いシステムの探偵事務所に
依頼することでしたので、後払いシステムの探偵社を中心に
調べていくことになったのです。

とここまで、色々書いてきましたが、
このページでは、料金に関するトラブルが多いということが
理解していただければ、十分です。
少しづつ、理解を深めていきましょう。

では、次のページで契約前にチェックしておきたい
事柄について話していきたいと思います。

次のページに進んでいきましょう。

契約前のポイント!悪徳業者と良心的な探偵事務所の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る