契約前のポイント!悪徳業者と良心的な探偵事務所の違いとは?

この記事は5分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、【契約前】にできる
悪徳業者の見極め方を、探偵業法と絡めながら
解説していきたいと思います。

平成19年に施行された探偵業法、「法律のことは分かりません…。」
では、悪徳業者の思うツボです。探偵業法で何が変わったのか?
そして、悪徳業者と良心的な探偵事務所はどこが違うのか?

そのあたりを中心に、なるべく分かりやすく
解説していきますので、「法律なんて見たくもない…。」
って方も最後まで読み進めて下さい。

では、みていきましょう。

冒頭でもお伝えした通り、平成19年6月1日に探偵業法という
法律が施行されました。

それに伴い、探偵業を営む以上、この探偵業法に乗っ取って、
営業をしていかなければいけないことは、前のページでも
お伝えしたと思います。

だから、探偵業を営む以上、探偵業法を知らない人はいません。
つまり、探偵業法を守っているかどうか?
ここがまず、最低条件であって、悪徳業者かどうかを
見極める最低限のラインなのです。

このラインを守っていない業者は、法律に違反していることに
なりますので、当然、悪徳業者である可能性が高いというわけです。
探偵業法なんて、まったく知らないし、興味もない。
そんな方でも、探偵に浮気調査を依頼しようと思っているのでしたら、
少なくとも、探偵業法の基礎だけでも押さえておいて下さい。

でないと、何も知らずに悪徳業者に依頼してしまった…、
なんて事になってしまいますからね。
というワケで、【契約前】にできる、
詐欺業者を見分けるポイントを話していこうと思います。

【契約前】

①まずは、探偵業法の届け出が出されているかどうか?

ここは、絶対に押さえておきたいポイントです。

この届け出が出されていない業者は、
「あれぇ~、無いな~、悪徳業者なのかな~?」
なんて流暢なことを、言っているレベルではありません。

基本中の基本。
届け出を出していない時点で、完璧アウトなレベルです。

探偵業法の届け出を出している探偵事務所には、
探偵業届出証明書が発行されます。

この探偵業届出証明書は、事務所の目立つ位置に
飾ってありますので、事務所に入れば、すぐに気が付くと思いますが、
もし掲示されていない場合は、即、相談員の方に聞いてください。

探偵のHP上でも、探偵業届出証明書が発行されていることは
アピールされていますので、あなたが依頼しようとしている
探偵事務所のHPに、探偵業届出証明書があるかどうか?

必ずチェックしておきましょう。
無ければ、即撤退ですよ。

でも、探偵業法の届け出が出されているからと言って、
安心なわけではありません。

届け出は出してあるのが普通なことなので、
出しているから安心といった、安心の証明書ではありません。
あくまで最低条件だというだけですので、お間違いなく。

それと、探偵になる為には、厳しい試験を突破しなければいけない、
と思っている人が多いと思いますが、実際は、探偵になる為には、
試験はおろか、資格すらありません。

あるのは、届け出だけです。
探偵って、認可制なんですよね…。

認可と言っても、厳しい審査はありませんので、
書類を用意して、手続きさえ終われば、ほぼ全員が、
その日のうちに探偵を名乗れるというワケです。

ただ、探偵業法が施行される前と後では、探偵事務所、
興信所の数が、約半分にまで減ったようなので、本当に悪質な
探偵会社や調査会社は、探偵業法の届け出を出せないまま、
裏で活動をしているか、廃業したのでしょう。

そういった視点で考えると、探偵業法の施行は
ある程度の成果を上げられていますので、事前に、
あなたが依頼しようとしている探偵事務所や興信所に、
探偵業届出証明書が発行されているかどうか?
必ず、チェックしておきましょう。

②次は、探偵事務所の所在地が公開されていること。

これは探偵業法で定められているワケではありません。

あくまで探偵業法の届け出の際に、各営業所ごとに、その所在地を
管轄する都道府県公安委員会に、所在地を記載した書類を
提出しなければいけないだけであって、ホームページ上に
住所を記載しなさい!といった記載ではないのです。

ですが、多くの探偵事務所は、その所在地を公にしています。
なぜなら、これといって隠す意味合いがないからです。

むしろ、公開しない理由がないにも関わらず、
探偵事務所の所在地を公にできない探偵社というのは、
それ相応の理由があるのです。
その理由とは、、、

1.はじめから調査をせずにお金だけ騙し取ろうとしている業者
2.事務所の規模が小さすぎるので、事務所に呼んでしまうと
顧客の信頼を失う可能性があると判断している探偵事務所。

この2パターンです。
1のパターンは昔からある、ぼったくり専門の悪徳業者の手口だそうです。
事務所の場所を隠して、面談だけしてお金を手に入れたら、
そのままドロン、、、気がついたときには、連絡も取れず、
事務所の場所もわからず、お手上げ状態…。

典型的な詐欺の手口だそうです。
気をつけましょう。

2のパターンは、自宅兼事務所のような小さい探偵事務所が、
依頼者の不安を軽減する為に行っているようです。

これは契約時の注意点とかぶってきますが、事務所の規模が小さいと、
それだけで不安に感じる人もいますし、契約に影響すると考える
探偵社も多いですからね。

そういった理由から、事務所の所在地を明かさない為に
住所を載せておかないのです。

もちろん、探偵事務所の規模が小さいからと言って、
調査能力に劣るということはありませんが、事務所の住所が
HP上に載っていない探偵社は、こういったリスクがあることを
理解しておきましょうね。
③HP上に料金に関する説明がまったくない。

探偵事務所の中には、問い合わせの電話を貰った後、
面談前まで、キチンとした料金を決めていない
事務所もあるのです。

なぜそんなことをしているのかというと、
面談をした感触で、依頼者がどれだけお金を持っているのか?
どこまでだったら、費用を出せるのか?

それをシビアに値踏みした上で、取れる分だけ取ってしまおうと
考えているからです。

規定の料金以上に、依頼料が取れると踏んだ時点で、
料金基準があいまいな探偵業界の現実を利用して、
平気で法外な金額を吹っかけてきます。

つまり、探偵会社の言い値で料金が決まっていくのです。

言い値で料金を決めていくには、
HP上に料金なんか載せておいてはダメなのです。
だから、HP上に料金を載せていない探偵事務所や興信所は、
悪徳な可能性があるというワケです。

ちなみに、、、

事前に、探偵事務所・興信所に料金について
電話で問い合わせをしてみたらどうなのかと思うと思いますが、

その場合、、、

「調査にはいろいろな不確定要素が絡んできますので、
しっかり、お話しをうかがったうえでないと料金は決まりませんので、
一度、お会いしてお話を聞かせて下さい。」

こんな具合に話をそらされてしまうのです。

実際、不確定要素があることは事実なので、詳しい話をしないと
正確な料金が分からないという受け答え自体は、珍しくありませんし
誠実な探偵事務所も、同じ答えをしてきますからね。

だから、明確に料金の説明っをせずに、
面談のアポイントメントを提案してくる探偵事務所が
即アウトなわけではありませんので、勘違いしないで下さいね。

私がここで言いたい事は、おおよその料金すら
HPに載せていない探偵事務所や興信所は、
言い値で料金が決まっている可能性が高いこと。

だから、素人である我々としては、
避けていった方がよさそうですよねってことだけです。

実際、私が探偵事務所を調べていた時も、HPに料金が
まったく記載がない探偵事務所は省いていきました。

前のページでも書いた、後払い制の探偵事務所や興信所と、
料金形態が明確に書いてある、探偵社を重点的に調べていきましたので、
ある程度、安心して依頼することができたと思います。

これから探偵会社に浮気調査を依頼しようとしている方は、
料金に関するトラブルは、本当に多いので、この2点を抑えながら、
細心の注意を払って信頼できる探偵社を見つけて欲しいと思います。

ちなみに、探偵業法では、HPに料金を記載しなければいけない、
といった文言はありませんので、違法ではないのが現状です。

④禁止文言をHP上で使っている。

探偵業界では、様々な団体組織が存在していますが、
その中の1つである社団法人日本調査業協会では、
加盟店に対して、人権尊重、秘密保持から情報の不正入手、
虚偽の記載の禁止を定めています。

2005年に第4回定例理事会では、
広告に記載する、不適切な文言も定めました。

以下が禁止語句です↓

■不適切文言■
別れさせ屋
別れさせ工作
縁切り屋
復縁工作
出会い工作
仕返し屋
復讐代行
殺人請負
犯罪歴データ調査
出入国等渡航歴確認
戸籍等公簿取得
データ調査関係~電話番号から身元確認
サラ金利用状況確認
銀行データ確認
クレジット利用状況等の金融データ確認調査
発信機設置
盗聴盗撮請負
紳士録
その他、一般社団法人日本調査業協会倫理綱領及び自主規制並びに、
各法律に抵触する恐れがあるもの、公序良俗に反するもの、
社会通念上不適切と判断されるもの

これら禁止文言は、日本調査業協会に加盟していない
多くの探偵事務所も採用していますので、これらの文言を
HP上で使っている探偵社、興信所には依頼しない方がよさそうですね。

と、ここまでは、契約前に絶対的に押さえておきたい
項目を説明しましたが、次のページでは、書籍やネットで
意見が分かれている項目について書いていこうと思います。

本やネットでは、安易なことしか
書いていませんので、キチンとした知識のもと、
調査会社を選び抜いてくださいね。

では、先に進んでいきましょう。

探偵社へ浮気相談は注意!悪徳業者詐欺業者を見分けるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る