探偵を選ぶコツ!調査報告書や成果報酬なら成功の定義

この記事は6分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、探偵事務所、興信所との
【契約②】での、悪徳業者の見分け方を探偵業法と絡めながら
解説していきたいと思います。

こちらのページの続きになります
探偵や興信所との重要事項説明・契約書での注意点

契約の際、最低限確認しておきたい項目について、
解説していきますので、「この探偵事務所だったら
確認しなくても大丈夫だ!」みたいに盲目的にならない為にも
最低限の知識は、押さえていきましょう。

では、はじめていきます。

【契約】

5.調査報告書の有無と提出方法

探偵会社や興信所に浮気調査を依頼した場合、通常であれば、
報告書という形で、調査の結果報告を受け取ることになります。

通常のお店では、商品が並んでいると思いますが、
探偵会社や興信所の場合は棚に並んでいる商品を買うのではなく、
調査報告書こそが、私たちが探偵事務所にお金を払って
買う商品なのです。

ですから、この報告書の出来が探偵社の評価を
決定づける言っても過言ではありません。
私達は、調査報告書にお金を払っているのを
忘れないようにしておきましょう。

したがって、探偵事務所の商品である報告書の良し悪しは、
探偵事務所を選ぶ際にも、非常に重要なポイントになってきます。

というワケで細かく説明していきますが、
報告書の良し悪しとは、
極論を言ってしまうと、、、

裁判で使える報告書なのかどうか?
裁判でも証拠として認められるものかどうか?
裁判で勝てる報告書なのかどうか?

この1点となります。

だから、裁判の証拠とならない調査報告書は、
良い調査報告書ではないのです。

関係修復を求めるにせよ、離婚するにせよ
報告書は、最低でもキチンと証拠として残せる形である
文章であることは言うまでもありませんが、文章だけで
構成された報告書では、明確な証拠となる可能性が薄いので
写真や動画が提供されるかどうか、確認しておきましょう。

それと、間違っても口頭だけで調査報告をする探偵社では、
離婚になった場合、裁判では証拠として使えませんので
論外となります。

もしあなたが依頼しようとしている探偵事務所の
調査報告書が、口頭での契約になっている場合は、
今すぐ依頼を取りやめた方がいいと思います。

口頭で契約してしまった場合、、、
「調査した結果、浮気の事実はありませんでした。」
こんな淡白な報告だけで、調査を終えてしまったなんて
悪質業者の被害報告もあるくらいです。

その他、メールだけの報告で調査が終わってしまった、
調査の実態が怪しいなんて被害報告もあります。

だから、調査報告書は、最低でも文章形式。
どのような形式での契約になっているか、必ず確認しておいて下さい。
うるさいようですが、口頭だけでの調査報告、写真や動画がない
文章だけの報告書が契約書に記載されている場合、悪質業者である
可能性が高いですので、注意して下さいね。

それと、写真付きでの文章形式になっているからといって、
安心はできません。

国民生活センターに寄せられている、被害報告の中には、
一日しか調査していないにも関わらず、写真を使いまわして
さも数日調査をしたような調査報告書をねつ造するなんて
手口も報告されています。

写真付きでの報告書があるからといって、
きちんとした調査がされいるとは限らないのです。

ちゃんとした調査会社でしたら、依頼した日数分の、
対象者の動きを収めた写真や動画があるはずですし、
探偵が動いた分のタクシー代や飲食代などの領収書も
あるはずです。

これが何もないという事は、
調査そのものをしていないことになります。
はじめから、まともに調査をする意思はなく、
お金だけ巻き上げようとしている悪徳業者の手口です。
そうならない為にも、調査報告書は、
どの段階で、どのような形式で、中身はどの程度まで取れるのか?
確認しておきましょう。

調査力のある優秀な探偵事務所の場合、
サンプルを見せてくれる場合も多いですので、
事前にサンプルを見せてもらえるか、聞いておくのもいいと思います。
見せられない場合は、そのくらいの調査力しかないと
判断してもいいです。

中にはホームページでしっかり、調査報告書のサンプルを
提示してある探偵事務所もありますので、できるだけ
そういった探偵社、興信所を見つけることをお勧めします。
それと、写真が得意な探偵社と、動画が得意な探偵社など
探偵事務所ごとに、どちらの技術に優れているか
得意不得意があるようです。

探偵社によっては、「ビデオでは裁判の証拠にならない」
などと言い張って、頑なに動画撮影を拒むところもあるようですが、
それは、動画撮影の技術がないだけなのでご用心を。

浮気調査の場合は特に、裁判の証拠としては動画の方が
重要視されている傾向にあります。第三者から見ても、
調査の流れや、ターゲットの動きや表情が一目瞭然だからです。

写真だと、角度によってはキスをしているように見える場合もあったりと
判断が難しい場合もありますので、報告書の中に動画撮影が含まれている
探偵社を選ぶ方がいいと思います。

ちなみに、私は、こういった事前情報があったので、
動画をDVDにして提出してくれる探偵事務所を見つけて依頼しました。
私達は、探偵の調査報告書にお金を払うのだということだけは、
忘れないようにしましょう。

6.成果が出なかった場合の取り扱い
7.成果報酬の場合は成功の定義

はじめの方のページで、成果報酬での後払い制の探偵事務所を選ぶことによって、
かなりのリスクを軽減することができると書いていたの覚えているでしょうか?

その中で実は、成功報酬の探偵事務所でも、
確認しなければいけない事項が存在していると話したと思いますが、
そこをもう少し詳しく確認していきましょう。
探偵業法では、依頼主が支払わなければいけない金額の総計と、
支払期日を書面で明確にすることが定められています。

ただ、探偵業界の料金システムは複雑ですので、
費用を把握することは、なんの知識もない素人では、
難しいのが現状です。

成功報酬とは、成功いう言葉が示す通り調査が成功した場合
費用を支払うシステムのことなのですが、この成功報酬という
言葉がもつイメージによって、大きな勘違いが生まれている
可能性が高いのです。

成功報酬と聞くと、調査が成功した場合のみ支払うイメージが
強いと思いますが、実は調査が失敗した場合でも、費用を払わなければ
いけない探偵事務所が多いのです。

実際、私もこんな勘違いをしていましたし、
このページを読んでいる、あなたもそう思っているでしょう。
しかし、大半の探偵事務所や興信所が謳っている成功報酬とは、
仮に調査が失敗したとしても着手金と経費が掛かってしまう契約の
ものが多いのです。

中には、完全成功報酬制の探偵会社もありますが、
多くの探偵事務所では、手受け金とか着手金とか言い方は
それぞれですが、スタートにある程度の費用を収めて
後から、調査に掛かった経費を支払う形態が多いです。

調査が成功したら、それプラス成功報酬を支払うイメージですね。
だから、調査が失敗した場合、何も払わないで済むといった
誤解のまま探偵社に依頼してしまと、トラブルに発展してしまうのです。

この辺りをホームページで何も書いていない探偵事務所や
興信所は、明らかにわざとそうしており、面談にさえさせれば
いくらでも言いくるめられると思っている悪質な業者である
可能性が高いと思います。

もしホームページに細かい説明がされていない場合は、
面談時に必ず聞くようにしておきましょう。

契約時に着手金がいくらかかって、その他かかる経費は
いくらくらい掛かって、成功報酬はいくらなのか?
また、失敗した場合は支払った金額は戻ってこないのか?
この辺りを中心に確認をしておいて下さい。
それとこれは非常に大事なポイントとなっていますが、

“成功の定義”が何なのか、

何を持って成功と捉えるかです。
あなたが探偵会社へ浮気調査をした場合の、
成功とは何でしょうか?

恐らく、私が望んでいたことと同じだと思います。
つまり、浮気の証拠を撮ることができた。
これが成功ですよね。

夫や妻がどこの馬の骨とも知れないヤツとの密会現場、
決定的な浮気の証拠となる、ホテルを利用した現場の写真や動画。
これを押さえてもらえることが、成功だと思いますよね。

探偵に依頼する限り、浮気の証拠を得たい!
そう思って、依頼する人が多いと思います。

現に、私も関係修復するにしても、離婚を考えるにしても
ハッキリした事実が分からなければ決断できないと思いましたし、
調査の結果、浮気をしていた場合、別れるか別れないか?
どちらを選択するにも、証拠が大事だと痛感したからです。

だから、調査会社に妻の浮気調査を依頼しようと思ったわけです。
浮気の事実が判明しても、
「浮気の事実が分かったけど、誰かまでは分からなかったら?」
「特定の人物とは接触したが、ホテルの証拠は掴めなかったら?」

こういったあいまいな情報では、法定で争う場合
ほとんど役に立たないんです。だから、確固たる浮気の証拠を
掴んでもらう事、これが私たちが探偵事務所に期待することです。

しかし、ここで忘れてはいけないポイントがあります。
それが成功報酬の“成功”の定義なんですよ。

こちらとしては、成功とは浮気の証拠を押さえることですが、
探偵事務所としては、依頼された期間に浮気の事実があったか
無かったか?それを調査完了することが、成功の定義なんです。

細かくは依頼契約と請負契約に分かれますが、
それでも浮気の証拠を押さえて欲しいという、こちらの要望と
探偵社側の依頼を受ける定義には、隔たりがあるのです。

探偵事務所としては、依頼された期間に、浮気の事実がなかった場合でも、
“その期間ないには浮気はなかった”という事実=証拠が得られた
ということで、成功と定義付けています。

ここが大きな落とし穴なのです。

いくら優秀な探偵でも、調査日に浮気の事実がなければ、
証拠を取りようがありません。
だからこそ、はじめに成功の定義をしっかり確認する必要ようがあるのです。

少し話はづれますが、それを踏まえたうえで、
大事なことを書いていきますと、“事前に、浮気をしそうな日
を把握していくことが重要なんです。

プロフィールでは、セルフ浮気帳は危険だと判断したと書きましたが、
それは、変に携帯をのぞき込んだり、SNSを使って調査したり、
自分で徒歩や車で尾行したりするような調査は相手にばれる危険性が
非常に高いので、警戒される恐れも高いので、危険だと書いたわけです。

ですが、唯一やった方がいいセルフ浮気調査というと、この浮気しそうな日を
あらかじめ把握しておくことなのです。

もっと言うと、妻や夫の行動パターンを把握しておくこと。
限りなく怪しい日、どう考えても浮気してきている日、
そういった日を特定しておくことで、依頼者側の成功の定義

、、、、つまり、浮気の証拠を押さえることができるのです。
しかも、調査日数も少なくて済みますので、
探偵に支払う費用も、安く済むといった
嬉しいおまけもついてくるのです。
成功の定義に関しても、ちゃんとした探偵事務所、
興信所でしたら、契約前にちゃんと説明してくれます。

仮にあなたが依頼しようとしてる探偵事務所、興信所が
説明をしてこないとしたら、それは契約さえさせれば
後のことなどどうでもいいと思っている節がありますので、
悪徳業者である可能性が高いと思われます。

契約を止めて、一旦家に持ち帰って
検討する意思を伝えてその場から逃げ帰りましょう。
とここまで、長々書いてきましたが、これで確認すべき部分の
大枠は説明し終えたかと思います。その他の細かい部分に関しては、
Q&Aのカテゴリーにまとめていますので、参考にして下さい。

色々、お話ししてきましたが、ここまで確認したうえで、
契約するくらいがちょうどいのです。面倒だからと言って、
確認を怠ると、二次被害、三次被害に発展してしまいます。

精神的に苦しい時期だと思いますが、こういった時だからこそ、
1つ1つ確実に調べてから納得のいった探偵事務所に
協力を仰いでいきましょう。
では、お待たせしました。
これらの知識を踏まえて、私が妻の浮気調査を探偵事務所に
依頼した、実際の体験談をみていきましょう。

探偵事務所への電話相談編へ進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る