【裏情報】探偵事務所・興信所は浮気調査を下請けに廻していた!

この記事は3分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、私が調べていく中で探偵会社が
どのように仕事を回しているのか?探偵業界の仕組みについて
衝撃的な事実が発覚しましたので、その内容を書いていきたいと思います。

必ずしも自分が信用して依頼した探偵事務所で
浮気調査が行われているわけではない現実が
浮彫りとなったのです。

では、みていきましょう。
まず、探偵事務所・興信所の一連の業務の流れから
書いていきたいと思います。

①営業
②調査
③報告

ザックリ話すと、この3区分に分かれます。

“営業”とは、電話で問い合わせを受けて、
実際に面談するまでと、面談から契約に至る
流れのことを言います。

“調査”は文字通りの調査ですね。
浮気調査でしたら、尾行、張り込み、聞き込みを使って
依頼主から依頼された対象者の浮気現場の証拠を
押さえに行く業務です。

そして“報告”
こちらは、調査結果を依頼者に報告する業務です。
とまあ、ここまで書いた内容は、どれもあたりさわりない内容だと
思いますし、ふーーん、としか思わないでしょう。

でも、この業務。
当然、1人でやることはありませんよね。
このページを読んでいる方は、会社勤めの人が多いと思いますので、
配属先、部署などといった言葉があるように、
探偵事務所でも、この業務を分担して行っています。

①営業(相談員)
②調査(探偵)
③報告(相談員)

こんな感じで分業しているのです。
で、ここからが大事な部分なんですが、

分業していることはいいんですよ。
それ自体は、探偵事務所と言っても会社ですから、
業務の効率化をはかるのは当然です。

ですが、肝心要の②調査を外注していたらどう思いますか?
探偵業務のアウトソーシングです。

「そんなわけないでしょ!」
「そんな馬鹿なことあってたまりますか!」

そんな声が聞こえてきそうですが、
これ事実というか、普通に行われていることなんです。

というよりも、営業専門の探偵事務所なんてザラだそうです。
『元請けさん』『営業探偵社』などと呼ばれているらしいですが、
むしろ、そういった携帯で業務をしている
探偵社の方が多いようなんですよ。

ここの探偵事務所だったら、調査もしっかりしてくれそうだし、
この調査員さんだったら、信用できる!
そう思って、調査を依頼したら、実は全部アウトソーシングだった…。

そんなことは普通にあるようなんです。
もちろん、探偵業務の外注化が全部悪いわけではありません。
ようはその外注先の探偵の調査力が優れていれば問題ありませんので
結果が出ていれば、何も文句はないでしょう。

ただ、そういった仕組みを知らないで、
目の前の相談員さんだけを信頼して依頼するのは
ちょっと、止めた方がいいかなって思うんですよ。

そもそも、目の前にいるのは、相談員さんであって、
実際に浮気調査をする探偵さんではありません。
もちろん、相談員さんは、、、

「私は探偵ではありません、相談員なんです。」

と挨拶してくれるわけではありませんので、
何も知らなかったら、、、

「目の前の人が調査してくれるのでは?」
そう思いこんでしまうと思います。
そこも注意が必要です。
多くの探偵事務所は、相談員と調査員とで棲み分け
分業を行っているところが多いのですのです。

相談員は、契約を取るプロです。
言い方は悪いですが、相談員さんは営業のプロであって、
調査のプロではありません。

ましてや、調査を外注している探偵事務所の場合は、
相談員は調査の技術に関しては、素人同然なのです。

なので、、、

「このケースでは浮気調査がどれだけ成功率があるのか?」

そういった可能性の話は、正直、分からないのです。
もちろん、営業専門なので、一般的な会社の営業職と同じ、
契約を取ることが仕事となっていますので、そのあたりは
セールストークも入ってくることは想像できますよね。
そのあたりを考えたうえでも、

「調査を外注しているのかどうか?」

聞いたうえで、探偵事務所は選んだ方がいいと思います。

ここまでの話を聞くと、、、

営業専門の探偵事務所があるということは、
調査専門の探偵事務所があるのか?

そう考える人もいるでしょう。

勘が鋭いですね。
そうです。
もちろんあるんですよ。

外注専門の探偵事務所は、
『外注さん』『下請けさん』
『外注探偵社』と呼ばれているそうです。

営業専門の探偵社は、大手がほとんどです。

資本力を活かして広告費を掛けて、顧客を囲い込みます。
探偵業界は、そうでなくても怪しさ満点ですので、
全く知らない中小の探偵事務所では、顧客を得られないのです。

それもあって、大手探偵事務所が営業力を活かして、
仕事を取ってきて、実務は中小の探偵事務所にアウトソーシング。
こういった古き習慣が出来上がったようなのです。
だから、外注専門の探偵事務所は、
小規模のところがほとんどだそうです。

もちろん、小規模だからと言って調査力がないと言うわけではなく、
むしろ、大手探偵事務所からの下請けで、成り立っている分、
必死に調査を行っていきます。

結果を出さなければ、次の仕事が来なくなってしまうからです。

外注が悪い、下請けに出すのが悪いという事ではなく、
こういった仕組みで、探偵業界は成り立っているという
現状を把握しておきましょう。

また、この話はフランチャイズや探偵学校、探偵スクール、
業界団体の話に絡んできますので、そのあたりと絡めて
次のページにまとめたいと思います。

では、次のページに進んでいきましょう。

→業界団体に所属している探偵事務所は安心?フランチャイズは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る