業界団体に所属している探偵事務所は安心?フランチャイズは?

この記事は4分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、探偵業界の外注化と絡めて、
各探偵が所属している業界団体の裏事情について
書いていきたいと思います。

業界団体に所属している探偵事務所は安心なのか?
業界団体に所属していることが、安全な探偵事務所だという
判断材料となるのか?

業界団体発足の理由について書いていきますので、
探偵に浮気調査などを依頼する予定の人は、
参考にしてみて下さい。

では、はじめていきましょう。

下請け元請け外注しまくりの探偵業界の仕組み
(↑こちらのページの続きです)

前のページで、探偵業界は元請け会社である、
営業専門でやっている探偵事務所と、下請けである
調査を専門にやっている探偵事務所があることを
お伝えしたと思います。

営業専門の探偵事務所は、お客さんを集めて契約をするまでが仕事。
調査専門の探偵事務所は、営業専門の探偵事務所から依頼を受けて
下請けとして調査をするのが仕事です。

また、この2つは、きっちり分かれている訳ではなく、
営業専門の探偵社は、自社への依頼が多くなり、
受けきれなくなった場合だけ下請けに出す場合もありますし、

下請け会社が自社で営業活動をして
仕事を取ってくる場合もあります。

一般に、元請け会社は、下請け会社に依頼者と契約した
金額3分の1で依頼するそうですが、なぜ、3分の1にまで減った
依頼料で、下請け会社が仕事を受けるのかというと、
実は、こんな事情があるそうです、、、

『自社での営業力では事務所を維持していくだけの
集客力がないから…。』

そうでなくても怪しいイメージがある探偵業界ですから、
宣伝費に費用を出せる大手ならまだしも、宣伝費にお金を掛けられない
中小の探偵事務所では、自社だけでの集客では経営が成り立たないそうです。

だから、大手の探偵事務所からの下請けとして仕事を受けないと、
成り立たない探偵会社、興信所が多いのが現状だそうです。
それもあって、3分の1でもいいので、元請け業者からの
依頼を受けて、下請け業者として生計を立てているのです。

と、ここまでが、復習となりますが、
ついて来れているでしょうか?

この基礎知識を押さえたうえで、業界団体について
話していこうと思います。

業界にはそれぞれ団体組織が存在していると思いますが、
探偵業界にも、多くの団体組織があります。

本やネットで探偵の情報を探している人でしたら、
業界団体の名前を一度は目にしたと思います。

そして、信用できる興信所、探偵社を探す条件として、
団体組織に加盟していることが、1つの条件として
掲げている場合も多いのです。

ただ、私の意見としては、、、

『業界団体に加盟しているかどうかは良くも悪くも関係ない。』

こう思っています。

なぜかというと、団体組織の内情を調べたうえで、
知ってしまったからです。

業界団体の仕組みを簡単に話すと、
フランチャイズと同じなんですよね。

フランチャイズの仕組みってご存知でしょうか?

加盟店が毎月、ロイヤルティーと言って、売上高、定額だか、
そのあたりは、契約によって異なると思いますが、
とにかく本部へ、のれんの使用料としていくらか納めなくてはいけない制度が、
フランチャイズなのです。

悪い言い方をしてしまうと、看板を使わせてあげる代わりに、
毎月、みかじめ料を収めて下さい。

こういったシステムで成り立っているのが、
フランチャイズです。

(フランチャイズに関しては別ページで
詳しく、話していきたいと思います。)
では、業界団体はどうなのか?

こちらも団体に所属する為には、
毎月、会員料や加盟料が掛かってくるのです。

ロイヤリティーの代わりに、

会員料や加盟料、、、

業界団体とフランチャイズの仕組みの違いって、
実はこれだけなんですよ。大枠はほぼ一緒です。

ただ、唯一違う点はというと、先ほど書いた下請けシステムです。

フランチャイズの場合は、本部が加盟店に仕事を回す事は
ないですが、業界団体の場合は、大手の探偵事務所が
発起人となり業界団体を作り、加盟店へ
自社でまかなえない依頼分を下請けとして発注するのです。

つまり、業界団体に入っていれば、
大手探偵社である、元請け業者からの仕事が舞い込んでくると言うわけです。
少しでも仕事が欲しい、中小の探偵事務所は、こういった理由で
業界団体へ加盟しているのです。

まあ、業界団体は、大手同士の派閥争い的な面もあるようですけどね…。

それは置いといて、

とにかく、、、

中小の探偵事務所が、業界団体へ加盟店するメリットとしては、
大手の探偵事務所から、下請けで仕事がもらえるというのが、
最大のメリットのようです。

それプラス、依頼者から業界団体へ加盟していることによって、
安心感も得られるというのも、メリットの1つと言われています。
ただ、業界団体の仕組みを知った今、業界団体に入っているからといって
安心かと言われれば、特にそうではないことが理解できたと思います。

業界団体に入っているからと言って、悪質な探偵事務所でもない。
かといって、団体へ所属しているから、良い探偵会社でもない。

ただ単に、業界団体はこういったシステムになっている。
その業界団体へ加盟している探偵事務所なだけ、
という話です。

それと、、、

ネット上の情報では、業界団体に加盟している
探偵社へ依頼した方が何かあった場合、業界団体を通して、
別の探偵事務所を紹介してくれるとか、自分に合った
探偵会社を紹介してくれるとか、メリットが色々書かれています。

でも、実際は、親切心で行っているというよりかは、
業界団体の中で、仕事を回していきたいというのが、
本音のようですので、この辺りも盲目的に信用するのは
やめた方がよさそうですね…。

私がこのページで伝えたい事は、業界団体の加盟店だからといって、
盲目的に信用してはいけませんが、業界団体の加盟店だからといって、
不審に思う必要もないということだけです。

業界団体の仕組みを理解して、団体への加盟してるかどうかは、
探偵選びの参考材料としては、何とも言えないこと…、

それだけを理解して頂ければいいと思っています。
探偵業界の仕組みを理解したり、探偵会社や興信所の
仕組みを理解することでしか、良い探偵社を選び出す
ことはできないのです。

ご自身の目で見分けられるようになるかどうか?

私が調べまくった探偵業界に関する知識をこのサイトに書いていきますので、
1ページでも多く読み込んで頂き、知識武装して欲しいと思います。
また、別ページでは、私が妻の浮気に感づき、
探偵会社に依頼を決意するまでのエピソードや、
実際に探偵事務所に依頼し、浮気の証拠を掴むまでの
体験談も載せていますので、そちらのページも
併せて参考にして下さい。

では、詐欺業者に騙されない為にも、探偵に関する知識を
どんどん勉強していきましょうね。

幸太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る