探偵事務所へ浮気調査の面談⑩

この記事は5分で読めます

このページでは、私が某探偵社へ妻の浮気調査を依頼した
実際の体験談を載せています。電話相談から、相談員との面談
浮気調査の依頼、契約、調査中の探偵とのやり取り、調査後の
調査報告までのすべてを公開しています。

探偵へ依頼するまでの苦悩をつづったプロフィールはこちら

では、探偵社の事務所へ実際にうかがって面談を受けた様子を
書いていきますので、ご自身の状況に置き換えて、
ご覧いただければと思います。

※残しておいたメモとボイスレコーダーをもとに
当時を振り返りながら、書き起こしています。

多少、個人が特定されないように手を加えていますが、
ボイレコをもとに、かなり忠実に再現しましたので、
探偵社との面談の雰囲気が分かると思います。

ここまで公開するには、相当な勇気が必要でしたが、
困っている人も多いと思ったので、公開していますので、
興味本位で見るのだけは、ご遠慮いただければと思います。

本当に困っている方で、探偵へ依頼する可能性のある方だけ
ご覧下さいね。

探偵社に電話で気になる部分を聞いてみた

探偵事務所へ浮気調査の面談①
探偵事務所へ浮気調査の面談②
探偵事務所へ浮気調査の面談③
探偵事務所へ浮気調査の面談④
探偵事務所へ浮気調査の面談⑤
探偵事務所へ浮気調査の面談⑥
探偵事務所へ浮気調査の面談⑦
探偵事務所へ浮気調査の面談⑧
探偵事務所へ浮気調査の面談⑨ ←こちらのページの続き

 

 

ss-1
「後は、報告書のDVDはオプションなんですか?」

aaa-1
「オプションって書いていますけど、
だいたい、サービスしています。」

ss-1
「そうなんですか、ありがとうございます。」

aaa-1
「何も接触も無い場合だったり、そういった内容によっては
DVDにする必要はありませんので、文章と写真のご報告書になります。」

ss-1
「弁護士の紹介って報告書を持って、示談にするか裁判にするかも
相談に乗ってくれるんですか?」

aaa-1
「そうです。岡野あつこさんって方が日本家族問題相談所っていう
協会をしていて、そこでご夫婦間のカウンセリングの資格を出しているんです。
そこで私もカウンセラーの資格も頂戴していますので、復縁や関係を
修復をしたい場合は、そういったアドバイスもさせていただいております。」

ss-1
「へーー。」

aaa-1
「逆に、離婚を有利に進めたい場合は
そういったアドバイスもさせていただいております。」

ss-1
「そうなんですか。」

aaa-1
「ですから、ただ浮気調査の依頼を受けて、結果が出たから
それで終わりじゃなくって、この報告書を受け取ってから
どうされるのかが一番重要ですよね。」

ss-1
「そうなんですよ。」

aaa-1
「ほらっ、こんなことしてるじゃないか!って突きつけたって、
解決するものではないんですよ。離婚って決めているんでしたら、
そのまま弁護士さんをご紹介しますし、法的に有利に離婚して下さいって
お願いするのがいいんですけど、どちらかと言ったら別れさせて、
もう一回、本当に改心するんだったら、修復に持って行きたいって
おっしゃる方には、どうしたら上手く修復できるのかをアドバイス
させていただいております。」

ss-1
「なるほど。」

aaa-1
「特に調査中ってとんでもないことが起こっているわけだから、
妻や夫を責めたくなりますよね。でも、それは分かってんだけど、
女や男と会っているのが辛いのは分かってんだけど、だからって
あからさまに態度に出しちゃダメって、心情的な事ですとか、
みんなこう言う事を乗り越えて、来ていますからねって
アドバイス差し上げたりですとか、とにかくここまで出かかった
嫁に対する愚痴をグッと堪えて、証拠撮るまで待ってって。
その代り、心のはけ口じゃないけど、LINEをバンバン送って
私にぶつけてくれていいからって。」

ss-1
「実際、杉村さんと最後まで
LINEのやり取りができるんですか?」

aaa-1
「今日、私がご相談承って、お申込み頂戴すると
最後まで窓口が杉村になっていきます。」

ss-1
「じゃあ、カウンセラーというか、最初に面談してくれた人と
最後までやり取りできるんですね。」

aaa-1
「そうです。メンタル的に男性の方が弱いから、調査中は優しく
フォローしてくれたり、時には母親の様に優しくフォローして
あげたり、ここは奥歯を噛んで辛抱するんだよって言ったり
する時もあります。」

ss-1
「そこまでしてくれるんですか。」

aaa-1
「はい、していきますよ。反対にね、調査中だけの付き合いになるからこそ、
弱音吐いていいし、何でも愚痴っていいんだよって言うんです。
親や友達なんて巻き込まない方がいいから。」

ss-1
「そうですよね。」

aaa-1
「調査していること自体、やり直そうと思ってらっしゃるんだったら、
言わない方がいいよって申し上げています。」

ss-1
「私も誰にも言ってません…。」

aaa-1
「それがいいと思います。この辺の精神的な部分はなかなか他社とは
比較できない部分ですからね、この人にだったら自分の心情的な悩みを
解決する為の調査会社だなって思っていただけるように、
お話しを聞いているつもりなんですよね。」

ss-1
「…」

aaa-1
「単に調査してみて、白黒つけて終わりじゃない。」

ss-1
「…」

aaa-1
「調査はうちのベテランの調査員がしてくれるから、
調査中や調査後の、精神的な部分は私が役に立つから。」

ss-1
「…」

aaa-1
「どうすればいいのって、こんなこと乗り越えたことないんだから、
自分では思ってもない方向の離婚に向かっちゃう人もいますしね。」

ss-1
「そうですよね…。」

 

 

 

やっぱり、最後は人なんですよね。

浮気調査をして証拠を手に入れて終わりじゃないんですよ。
むしろ、そこからがはじまりであって、その証拠をもとに
どうしていくのか?

ここが最も大事な部分なんですよね。
離婚をするのか、関係修復をしていくのか?
証拠が欲しいのではなくて、その後、どういった関係を手に入れたいのか?
その為に、証拠が必要だっただけなんです。

証拠!証拠!証拠が大事だ!
そう思って色々な探偵社を探しましたが、最終的には私は妻との関係を良くしたいと
思っていましたし、離婚はしたくないって思ってたようです。
その為に証拠集めを始めたわけですから、そのもっとも大事な部分を
フォローしてくれるのだったら…

ぶっちゃけてしまうと、この時点でここに決めてもいいかなって
決めてしまったようなものでした。

もちろん、浮気調査を頼む段階では、精神的に相当弱っている人も
いると思いますので、表面的な相談の乗り方をしながら、
契約に持って行く、悪意のある相談員もいると思います。

その点は注意して欲しいのですが、色々注意点を書いてきましたが、
最終的には、浮気調査がはじまった段階で、直接やり取りをする
調査員が誰なのか?

その人を信頼できるのか?
ここが大事なポイントだと思います。
途中報告があることは必須だと思いますが、途中報告があるだけで
十分かっていうとそうではなく、誰とやり取りするのか?
ここがもっと大事だと思います。
参考にして下さい。

では、ラスト契約までを見ていきましょう。

 

 

 

ss-1
「調査報告書っていつもらえるんですか?」

aaa-1
「調査が終わった方から順番に、報告書部署が作っていくので、
8日から10日間でお作りしていきます。報告書を作っている間に
ご請求書も作りますので、それをLINEかメールでお送りします。
報告書をお受け取りいただく前に、銀行に振り込んで頂くか
カードで決済をしてもらうか、または、現金でのご精算でも大丈夫です。」

ss-1
「分割とかはあるんですか?」

aaa-1
「分割の場合はその月内で2回までです。基本的には一括払いです。
ハル探偵社の場合は、クレジットカード払いができますので、うちへは
一括払いをしておいて、リボ払いですとか、クレジット会社の
サービスを使用しての、分割をご利用される方もおります。」

ss-1
「あー、なるほどね。そうなってくると概算の費用は
どのくらいになってくるんですか?」

aaa-1
「先ほどのお話ですと、まず1か月4回の調査となりますので、
3時間×4日間で40万円って思っておいて下さい。この時間は
全部で12時間です、12時間以上のお時間を超過した分には
2万円×時間数を頂戴する形になります。」

ss-1
「例えば、私の場合だとパートに合わせて10時から15時までの
5時間だとすると、1回の調査で2時間超過するから、4万円が
1日に余分にかかるから、え~と、、、それが4日間だと16万円
プラスすると思っとけばいいんですね。」

aaa-1
「そうですね、それと消費税ですね。」

ss-1
「あと、一応4回って今決めてますけども、はじめの2回で
もし浮気していて、不貞の証拠が撮れてしまったら、3回、
4回って調査しなくてもいいんですよね。」

aaa-1
「はい、それは大丈夫です、お使いいただけた日数分だけ、
お支払いいただければ大丈夫です。」

ss-1
「それだと、半分の大体20万~30万の間くらいに
なるんですか。」

aaa-1
「そうですね。」

ss-1
「調査の日はいつからできるんですか?」

aaa-1
「契約さえすれば、今週からでもできます。」

ss-1
「分かりました。その日に契約される方って
いらっしゃるんですか?」

aaa-1
「その日に契約される方の方が多いですよ。中には
はじめてだし、もう1つ2つ聞く予定があるからって、
他の調査会社さんにも行ってみたいんだって方もいらっしゃいますし、
他を聞いて私どもの探偵社に来たって方もいらっしゃいますので、
そう言った方は、その場で決めていかれる方が多いです。」

ss-1
「私もいくつか回ったんですけども、結構、高圧的なんですよね。
契約させようって言うのが、全面的に見えちゃって帰ってきちゃいました。
しかも、同じ条件で話させてもらったんですけど、100万越えてましたから、
金額的にも、こちらの場合、抑えられるんですよね。」

 

こんな流れで面談は終わりました。

結果的に言うと、私はいくつか探偵事務所を回った後、
ここの探偵社へ来た事もあり、その場で依頼することにしました。

理由は、先ほども書いた通り、面談を通じて杉村さんは本当に依頼者のことを
考えてくれていると感じ取れたことです。それもあり、杉村さんと一緒に
妻が浮気しているかどうかの戦いをしていきたいと思えましたので、
この様な流れでここの探偵社へ、お願いすることにしました。

人によって合う合わないはあるかと思いますので、実際に相談に
乗ってくれる方との相性も大事だと思います。念入りに調べたうえで
その場で感じたインスピレーションは大事にした方がいいかと思います。

では、次のページから契約の様子をお伝えしていきたいと思います。

探偵事務所へ浮気調査で契約①

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1-3
  2. 8-1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る