探偵に依頼した場合の料金とは?【時間料金制編】

この記事は5分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、探偵事務所、興信所に浮気調査を
依頼しようとしている人が、まず、はじめに悩む問題
料金について、私の体験談をもとに話していきます。

探偵業界の料金相場から、数多くのシステムまで、
調べられる部分は全部調べましたので、夫や妻の浮気調査を
探偵に依頼することを検討している人は、参考にして下さい。

では、みていきましょう。
前のページでは、依頼者を値踏みして、言い値で料金を決める
悪徳業者の手口について書いてきました。
言い値で決める悪徳業者の手口

このページでは探偵事務所や興信所が使っている
3つの代表的な料金システムの1つ、時間料金制について、
話していこうと思います。
①時間料金制

時間料金制とは、多くの探偵社、調査会社が採用してる料金体系で、
1時間ごとに、料金が加算されていくシムテムのことです。

カラオケなどを想像してもらえると分かりやすいですが、
カラオケ店では部屋を使用した時間によって、料金の
支払いをすると思います。

それと同じで、時間料金制とは探偵業法で定められている

1.尾行
2.張り込み
3.聞き込み

これらを実際に行った時間で
料金を支払うシステムのことです。
時間料金制は、一見、分かりやすいシステムかと思いますが、
ここでポイントとなってくるのは、“人数”と“基本料金”となります。
時間料金制を採用している探偵事務所の多くが、
“人数単価計算型”と呼ばれるシステムも同時並行で
採用している場合が多いのです。

人数単価計算型とは書いて字のごとく、調査人数によって、
料金が変動していくシステムのことです。

頭を整理する為に、
例えを出して説明しますと、、、

時間料金制と、人数単価計算型を並行している場合、

・1人1時間8,000円×4時間×3人=96,000円

といった具合に、1日の利用時間と人数を掛け合わせた
金額が1日に掛かる料金となってきます。

なので、3日間利用される場合は、

・1人1時間8,000円×4時間×3人×3日間=288,000円

掛かるというワケです。

別ページで詳しく書いていきますが、実際は、これプラス、
交通費、車両費などの経費と、成果報告書の作成費などの
手数料が加算された数字が、総合計支払額となるのです。

ここまではいいですか?

探偵さんには悪い表現ですが、自分がお店のオーナーで、
バイトを雇ったと思えば分かりやすいでしょう。

『雇ったバイトの人数×時給×時間=支払料金』

こんなイメージですね。
でも、時間料金制だからといって、
「1日にここの1時間だけ依頼したい…」といった
ニーズもあると思いますし、

また、調査をしている中で、

「どう考えても、これ以上は今日の調査が必要ない。」
といったように、少ない時間で1日の調査が
終えてしまうこともあると思います。

そういった場合に、注意して欲しいのが
“基本料金”という概念です。

基本料金とは、、、

調査が短時間で終わってしまった場合でも、探偵事務所が、
最低限の利益を得るための、保険料のようなものです。
探偵会社といえども、会社である以上、当然ですが、
営利を目的として活動しています。

尾行や張り込みといった業務は、ターゲットの動きによって、
活動時間が大きく変わってしまいますので、1日の調査が短時間で
終わる日もあれば、逆に、長時間に及ぶ日もあるのです。

調査が長い日はいいのですが、

仮に1時間しか調査できなかった日の場合は、
基本料金を設定していないと、1時間分だけの調査料金しか
受け取ることができなくなってしまうのです。

これでは、探偵業で生計を立っていくのは難しいですよね。
そこで、必要になってくるのが基本料金なんです。

でも、こんな疑問を浮かぶかもしれません。

「1つの調査が終わったら、次の調査に回ればいいのでは?」

ここが普通の仕事と探偵業との違いだと思います。

探偵が主に行う仕事は、尾行、張り込み、聞き込みの3つです。

このうち、3つ目の聞き込み以外は
全部、受け身の仕事なんですよ。

つまり、相手次第で時間が短くなることもあるし、長くなることもある。
だから、依頼を受けた日が朝からだった場合は、例え、予定していた
調査時間が昼間までだからと言っても、昼以降の予定を入れ込むわけには
いかないのです。

急に、浮気相手と遠出をするかもしれませんし、
予定より、長い時間、浮気相手と会っているかもしれません。
だから、それに備えて調査時間が延長されてもいいように、
予定時間よりも後の時間も空けておかなければいけないのです。

もし、あなたが浮気調査を依頼して、、、

「すみません、今日、尾行していたら、旦那さんが明らかに
浮気相手とホテルに入ったんですけど、予定していた時間に
なってしまったので帰ってきました。証拠撮りたかったんですけど、
次の依頼者さんの調査もあるので、今日は、延長できなかったんですよね…。」

こんなこと言われたら、ふざけんなーーって思いますよね。

だから、その日の調査が伸びてもいいように、
他の仕事は入れないのです。

つまり、基本料金を設定する必要がある。
と言うわけなんですよ。

私が依頼した探偵事務所も、基本料金の設定がありました。

最低3時間からという設定でしたが、これは探偵事務所に
よっても、変わってくると思いますので、そのあたりも
事前に確認しておくと、後のトラブルを回避できると思います。
時間料金制と、人数単価計算型を並行している場合の
料金相場ですが、、、

一般社団法人東京都調査業協会が行動調査について
2005年に行ったアンケートでは↓
調査員2名で行う場合、1時間あたり1.5万円~2万円が目安になる。
という結果が出されました。

高くても1人1時間1万円という相場感覚を身に付けておけば、
そうぼったくられることもないかと思います。

それと、、、

先ほど、カラオケを例に出して説明したのですが、
時間料金制と聞くと、使った分だけ後払いというイメージがあるかと思います。
カラオケだって、2時間歌ったら、2時間分の料金を後に払いますよね。

でも、探偵業界のおかしいところはここなんですよ。
多くの探偵社では、先払いを採用している場合がほとんどなんです。

時間料金制はある程度、相手の動きが読める場合に使う人が多く、
「この日のこの時間と、この日のこの時間で調査をお願いします。」とか、
「この曜日のこの時間が怪しいのでお願いします」って感じで
調査日を指定して使うことが多いのが現状です。

だから、あらかじめ見積もりの段階で、概算した料金を出すのですが、
この概算料金を先払いする探偵会社が、非常に多いのです。

これはカラオケ店で、

「今日は、何時間歌いますか?」

って聞かれて先払いするようなものです。

カラオケでさえ、2時間かな?3時間かな?
って、迷う時があるのに、不確定要素の強い尾行や張り込みですよ…。
基本料金の説明でも話しましたが、調査時間は完全には読めません。

だからこそ、使った分だけ払うってシステムは分かりやすいと思うですけど、
それをしない探偵事務所、興信所が多いこと、多いこと。

カラオケだったらシンプルな料金システムなのでいいですが、
探偵業界は、掛かる料金項目が多岐にわたります。
なので、これがトラブルの原因となっているのです。

トラブル例、、、

途中で調査を止めたいと思っても、時間料金制にも関わらず、
支払った料金から、使った料金を引いた金額を返してくれなかったり、
逆に、「違約金を支払え」って言われるケースもあったり、

既に証拠が取れているにも関わらず、予定していた分の調査料金を
全額もらいたいが為に、それを隠して予定していた料金分の時間を
消化する為に、調査を続行していったり、

こんなおかしなことが行われているんですよ…。
このページを読んだあなたに、お伝えしたい事は、
時間料金制だからと言って、必ずしも分かりやすいシステムだ
ということではないんです。

・基本料金を理解すること
・料金は時間給と利用時間と調査人数の掛け合わせなこと
・先払いだと証拠が出ても隠される心配があること

探偵事務所、興信所とのトラブルのほとんどが、料金に関することですので、
どういった料金システムになっているのか?
この辺りは契約前に、ちゃんと確認しておきましょう。
料金に関して、探偵事務所、興信所に確認しておきたい項目については、
料金に関して話し終わった後に、まとめていきたいと思いますので、
このまま先に読み進めて頂ければと思います。

では、次のページではパック料金制について
解説していきたいと思います。

探偵の浮気調査の料金とは?【パック料金制編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る