探偵に依頼した場合の料金とは?【成功報酬制編】

この記事は4分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、探偵事務所、興信所に浮気調査を
依頼しようとしている人が、まず、はじめに悩む問題
料金について、私の体験談をもとに話していきます。

探偵業界の料金相場から、数多くのシステムまで、
調べられる部分は全部調べましたので、夫や妻の浮気調査を
探偵に依頼することを検討している人は、参考にして下さい。

では、みていきましょう。

ここまで、時間料金制とパック料金制について、
解説してきました。
このページでは成功報酬制のシステムと注意すべき点について
話していきたいと思います。

時間料金制についてはこちら

パック料金制についてはこちら

では、成功報酬制について書いていきます。

成功報酬制とは、まず着手金を払って調査をしてもらい、
調査に成功した場合は、調査終了後に成功報酬として、
別途料金を支払うシステムのことです。

だから、浮気調査の結果、浮気の証拠が何も得られなかったからと言って、
費用をまったく払わなくてもいいと言うわけではありません。
どうしても、成功報酬と聞くと、調査がうまくいった場合のみ
料金を支払うシステムだと勘違いする方が多いですし、
私自身も勘違いしていたので、先に話しておきますが、

多くの探偵事務所や興信所では、仮に調査に失敗したとしても、
先に支払った着手金の返金はありませんし、調査に必要だった
交通費や車両費などの経費、調査報告書などの手数料なども
払わなくてはいけません。

あくまで、成功報酬分の支払いをしなくていいだけですので、
そのあたりの認識を、間違わないようにしていきましょう。

私たち一般の人間が成功報酬だと思っているシステムは、

“完全成功報酬”と呼ばれているものです。

完全成功報酬と成功報酬は、まったく違うものです。
完全成功報酬は、私たちが想像している通り、
浮気調査に成功した場合のみ、料金を支払うシステムのことです。

この場合は、浮気調査など依頼した調査に失敗した場合は、
1円も必要を払わなくても良い契約になっています。

しかし、ここでも注意が必要なのですが、、、

本来、完全成功報酬制となっていれば、すべての費用は
成功した後に支払うという意味なのですが、多くの探偵社は、
完全成功報酬制と謳っていても、実際に中身を聞いてみたら、

普通の成功報酬制と何ら変わらない…、

なんて探偵社も多いようですので、完全成果報酬と謳っている
探偵事務所や興信所があったとしても、しっかり中身を聞いてから
依頼するかどうか決めた方がいいと思います。

それと、もう1つ、、、

成功の定義の確認だけは、しっかりしておいて下さい。
このトラブルも、成功報酬で探偵事務所に依頼した際に
起こるトラブルの1つとされています。

成功の定義とは何かというと、、、
『何を持って調査に成功したかを事前に確認していくこと』です。

浮気調査の場合、私たち依頼者側からすると、
“浮気の証拠を撮ってもらうこと”が浮気調査が成功したという
認識だと思います。

・浮気の証拠とを撮りたい、
・裁判で勝てる証拠が欲しい
・浮気相手に慰謝料を請求したい、
・浮気をやめさせる為に証拠が欲しい、

探偵に浮気調査を依頼する理由は、色々あると思いますが、
「浮気をしている証拠を押さえたい!」というのが共通の
目的だと思うんですよ。

でも、それはあくまで依頼者側の成功の定義であって、
探偵社側の成功の定義ではないのです。

浮気しているかしていないかは、探偵事務所側は問題にしていません。
あくまで、依頼された日に、対象を見失うことなく尾行ができた。
ターゲットである、旦那さんや奥さんの行動をキチンと
追っていけたかどうか?

ターゲットの足取りを正確に依頼者に伝えることができたかどうか?
写真や動画に収めることができたかどうか?

探偵社である調査会社の成功の定義はそこにあるのです。

分かりやすく言うと、、、

『失尾などせず調査ができれば成功』なんですよ…。

浮気の有無が成功の有無ではなく、
尾行を失敗せずに、調査をまっとうできたかどうか?
ここが私たち依頼者と、探偵側での認識の違いなのです。

例え、ターゲットが浮気をしていなくても、探偵サイドとしては、
尾行、張り込み、聞き込みといった作業量は何ら変わりはありません。

1.調査をしていった結果、浮気をしていた。
その結果を証拠として残す。

2.調査をしていった結果、調査をした日は浮気の事実はなかった。
その結果を証拠として残す。

探偵の仕事に差はないのです。
作業量に差がなければ、料金も変わらない。

普通に考えれば、当たり前のことなのですが、
どうしても成功報酬という名が先走ってしまい、
間違った認識で依頼してしまう人が多いようです。

もしかしたら、別の日に浮気をしているかもしれませんし、
もしかしたら、浮気をしていると思いこんでいるだけで、
浮気の事実は、一切ないのかもしれません。

こちらとしては嫌な言い回しなのですが、
現実問題、それは探偵側には関係ないことなんです。
依頼が来た、だから、依頼者と相談の上決めた、調査指定日に、
プロの技術を使って任務を遂行した。

その結果を依頼者へ正確に伝える。
これが探偵の仕事なのです。

私たちは探偵に浮気の証拠を撮ってきてもらうこと。
確かに、それが目標ですが、その認識をちょっと
改める必要があるのではないかと思います。

依頼した日の足取りを正確に調査し、そして、正確に伝えてもらう事。

これが探偵社に依頼する時の正しい、心構えなんだと思います。

だからこそ、成功の定義は事前にしっかり共有しておきましょう。

でないと、せっかくこちらの要望に応えるべく、
ちゃんとした調査をしてくれたにもかかわらず、そういったキチンとした
探偵事務所とも、認識の違いからトラブルに発展してしまいます。

悪質業者とだけ、料金に関してトラブルを起こすわけではなく、
ちゃんとした探偵事務所とでさえ、トラブルを引き起こす
可能性があるのが探偵業界なのです。

そのことが、調べれば調べるほど思い知らされたことです。

依頼者の置かれた状況やニーズによって、必要な調査が違う分、
マニュアル的な料金メニューを作りづらい業界だからこそ、
よく話し合い、共通の認識を持っておくことが大事なんだと思います。
成功報酬で依頼したい方は、成功報酬の定義をしっかり、
確認をしてから、依頼していきましょう。

ここまで、3つの料金システムとその注意点について
話してきましたが、探偵とその料金に関しては、最後に、
依頼者が負担しなければいけない、細かい調査費用の内訳について
話ていきたいと思います。

では、次のページに進んでいきましょう。

探偵に依頼した場合の料金とは?【その他の負担すべき料金編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る