探偵に依頼した場合の料金とは?【その他の負担すべき料金編】

この記事は4分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、探偵事務所、興信所に浮気調査を
依頼しようとしている人が、まず、はじめに悩む問題
料金について、私の体験談をもとに話していきます。

探偵業界の料金相場から、数多くのシステムまで、
調べられる部分は全部調べましたので、夫や妻の浮気調査を
探偵に依頼することを検討している人は、参考にして下さい。

では、みていきましょう。

ここまで探偵事務所、興信所の
3つの料金システムについて話てきました。

→1.時間料金制について
→2.パック料金制について
→3.成功報酬制について

ここからは、その他、依頼者側が負担しなければいけない
費用について書いていきたいと思います。
まず調査費用の全体像を把握しておきましょう。

調査費用としては、、、

①調査料金
②経費
③手数料

大きく分けると、この3つに分類でき、
これに成功報酬制の場合は、成功報酬を支払うことになります。

では、1つずつ、細かく見ていくことにしましょう。

①調査料金

調査料金には、着手金、人件費、深夜早朝割増、危険手当が含まれます。
先ほどまでのページで、ご覧いただいた3つの料金システムは、
この人件費という部分に含まれると思っていて大丈夫です。

この項目で、特に注意すべき部分はありませんが、

1つ挙げるとすれば、深夜割増料金です。

深夜割増料金は、文字通り深夜や早朝に探偵に動いてもらう時に、
支払う料金のことですが、主に、夜の10時ごろから
早朝7時までの間に設定している事務所が多いようです。

ただ、覚えておきたいことは、実際の探偵事務所や興信所では、
深夜割増料金を設定していないところがほとんどなようなので、

「深夜料金は頂いていません!」

といった謳い文句に、引っかからないようにしましょう。

もらっていないことは事実なので詐欺とかではないですが、
普通のことを普通の宣言しているだけですからね…。
セールスポイントにはならないって事です。

ただ、中には、通常料金の2倍以上の深夜早朝料金を設定している
探偵会社もあるようですので、念の為、深夜早朝手当が
あるのかどうか、聞いておくのが安心だと思います。

②経費

経費の名目は多岐に渡りますが、、、
交通費、宿泊費、出張費、車両費、燃料費、高速道路料金、
通信費、機材費、入店費、駐車場代などが、主な項目となります。

分かりやすいところから説明すると、

交通費、、、

これは、まあ、いわゆる交通費ですね。

探偵は、ターゲットを尾行する際に、電車やバスタクシーなど、
様々な交通機関を使っていきすので、移動に使った交通費を
探偵社側が負担していたのでは、利益は上がりません。

尾行は予想もつかない場所へ移動することも考えられるので、
事前に計算しづらい為に、別途、交通費という名目で
支払うことになるのです。
これと燃料費や高速道路料金、入店費なども同じ意味合いですね。
浮気相手が車で移動中、予想もしていなかった方向へ走り出した。
そして、高速道路に乗ってしまった。

当然、尾行を続けていくには高速に乗りますので、
その分の掛かった経費は、高速道路料金やガソリン代、
駐車料金代として経費に加算されます。
あとは車両費ですね。

車両費は旦那さんや奥さんの尾行に際し、車での移動が
考えられる場合、必要になってくる経費です。

車1台につき、1日8000円~15000円が経費として掛かってきます。
これは車をレンタルする代金という意味合いもありますが、
車での尾行は技術もいりますし、それだけ危険も伴います。

そういった車にかかわるすべてのトラブルを探偵社側が
受け持つという保険料の意味も含まれているようです。

これと似た意味を持つのが出張費です。

地方に支店を持たない、探偵事務所の場合は、
交通費と宿泊費が掛かるケースが多いようですが、
中には、出張費が掛かる探偵事務所もあるようです。

出張費は、移動だけで丸1日使ってしまう場合などに支払う
経費となってきます。

移動だけで探偵を拘束してしまうということは、その探偵に別の仕事を
回せないことを意味していますので、その分、移動した日や移動した時間分を
保障していくという意味合いがあるようです。

こちらは車両費に比べ、設定している探偵社もあれば、
設定してない探偵社など、各探偵事務所によっても
まちまちなようです。

設定している探偵事務所や興信所では、探偵1人につき
5000円~10000円に設定しているところが多いようですね。

この費用を発生させたくない人は、なるべくなら地方都市にも
支店を多く持つ探偵事務所を選ぶことで、これら出張費や宿泊費、
交通費を抑えられることになります。

この辺りは全国展開している探偵事務所、興信所が強いですね。
入店費は、浮気相手とターゲットが、ディズニーランドなどの
遊園地に入ってしまったなど、どうしてもお店に入らなければ、
その後の調査が続けられないという場合に掛かってくる費用です。

外から目視できるレストランなどは、会話を聞きとって欲しいなど
特別な要望がない限り、安易にお店には入ったりしないようです。

そのあたりも、事前に打ち合わせてくれる探偵社を選ぶことで、
余計な出費を抑えることができたり、こちらの得たい情報が
得やすくなっていくことにも繋がります。

腕がいいだけでなく、こちらの話を聞いてくれ、
要望をくみ取ってくれる探偵事務所が本当に良い探偵事務所だと思います。
細かい部分ですが、入店費はどのあたりまで掛かるのか?

こちらも聞いておくことで、どこまで真剣に話を聞いてくれる
探偵事務所なのかが判断することができるでしょう。

この辺りも、良い探偵会社興信所かどうかを判別する
基準にしてもいいと思います。

③手数料

手数料とは、文字通り、証拠となる写真やビデオ
DVDを作る費用や、調査報告書を作る際の
事務手数料となってきます。

特に難しいことはなく、手数料は調査報告書の作成費だと
思ってもいいのかなと思います。
とここまで料金に関して詳しく書いてきましたが、
探偵事務所、興信所とのトラブルは、料金に関するものが
大部分を占めています。

料金をHP上に載せない理由はなぜかを理解し、
HPで料金を見せない探偵社への電話は避け、
料金後払いの業者を選ぶべし!

この辺りは押さえておいて欲しいと思います。
では、料金に関しては次のページがラストとなります。

探偵に依頼する際にチェックしておきたい
料金部分を解説し、最後に違約金について
書いていきたいと思います。

では次のページに進んでいきましょう。

探偵に依頼した場合の料金【チェック項目と違約金】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る