探偵に依頼する前に夫や妻と話し合いをした方がいいのか?

この記事は4分で読めます

こんにちは、幸太郎です。

私は妻の行動に不信感を抱き、探偵に浮気調査を
依頼することを決意。浮気調査を依頼した結果、
残念ならが妻の浮気が発覚しましたが、その証拠をもとに、
浮気相手と妻を別れさせることに成功しました。
浮気発覚までの詳しいストーリーはこちら

このページでは、探偵や興信所へ依頼する前に
夫や妻と話し合いを持つべきかどうか?
また、話し合いを持つなら、どのタイミングで話し合いをするべきか?
このテーマについて、私の体験談をもとに話していきます。

タイミング1つで結果に大きく影響しますので、
適切なタイミングで話し合いを持てるようにしましょう。

では、はじめていきます。
夫婦での話し合いはどの段階で持つべきか?
結構、迷うところだと思います。

1.最近行動が変だと感じた段階か?
2.浮気を疑い出した段階か?
3.浮気していることが濃厚だと分かった段階か?
4.浮気の証拠が取れた段階か?

あなただったら、どの段階で話し合いを持つでしょうか?

どうですかね?
では、私の考えを書いてきますよ。
私の考えとしては、

1.最近行動が変だと感じた段階

ここがベストだと思います。
逆にこの機会を逃している人は、
断然、4.浮気の証拠が取れた段階がいいと思います。

理由は簡単ですけども、、、

2や3の段階に入った状態では、
まともな話し合いにならないからです。

残念ですが、私の経験上、2や3の段階入った人は、
恐らく、浮気をしている可能性が高いと思います。

だから、2や3この状態に入った段階で、話し合いを持ったとしても
夫や妻は浮気の事実を認めないばかりか、探偵事務所に依頼する前に
証拠を消してしまう恐れだってあるのです。

つまり、2や3の段階で話し合いを持ったとしても、
浮気を止めることはできないばかりか、
浮気の証拠も消されてしまうのです。

だから、1を逃した段階の人は探偵に浮気調査で
浮気の証拠が取れるまでは話し合いなんてのは、
もってのほか。

話し合いを持つことで自分の首を絞めてしまうだけなのです。

ここからは、ちょっと耳が痛い話をしていきます。

夫や妻が浮気をする理由は、
もっと、もっと、前段階に原因が隠されています。

・出産後、子供中心の生活が続いてしまったから
・忙しさのあまり女を感じさせることができなくなったから
・仕事で疲れ切っているので男性として魅力を感じなくなったから
・いつも同じような生活サイクルで新鮮味が無くなってしまったから
・空気のような存在になってしまい雑な扱いを受ける様になってしまったから

このように、浮気をする男性、女性が浮気を始める
きっかけとして挙げる理由は、色々あると思います。

理由は色々あると思いますが、

ただ、1つ共通して言えることは、
あなたが浮気を疑い出す、もっと、もっと前段階で、
このような不満を抱いてしまっているのです。

あなたの夫や妻は、あなたにSOSを出していました。
でも、あなたや私はそれを感じ取ることはできなかったのです。
いや、もしかしたら感じてはいたものの、大したことはない、
そう たかをくくって、スルーしてきたかもしれませんね…。

夫や妻のちょっとした異変は、あなたが 最近行動が変だと
感じることができる前よりも、もっともっと、前段階から
はじまっていたのかもしれません。

でも、残念ながら、あなたや私は変だと感じられなかったから、
あなたの夫や妻の心の闇が深まってしまった。
だから、その闇を満たす為に、あなた以外の異性からの
愛情を求めるようになってしまった。

そういった心が満たされていない状態で、
あなたの妻や夫は、浮気相手と出会ってしまった。

それが、浮気に至った経緯なんです。

分かりますか?

だから、、、

2.浮気を疑い出した段階
3.浮気していることが濃厚だと分かった段階

この段階で話し合いを持ったとしても、
先ほどお話ししたように、浮気の事実を隠すか、
それか、、、

「もう遅い…、だって、もっと前にSOSは出していたじゃない!
それを取り合ってくれなかったのは、あなたの方!」

こう開き直られてしまう可能性が高いのです。
こうなったら最後、話し合いなんて体裁はとどめません。

ののしり合いのはじまり。

お互いの感情を爆発させて、溜めに溜め込んだ不平や不満、
そういった負の感情がもとになり、売り言葉に買い言葉で、
お互いがお互いを、傷つけあうだけの異常な空間。

そんな訳のわからない空間が出来上がり、
あなたが求めた話し合いができないばかりか、
真逆の結果を得ることになるでしょう。

だから、最近行動が変だ…。
そう感じた時点で、即対処しておかないといけないのです。
火種はもっともっと小さい内に、消しておかなければ
いけなかったのです。

はじめは、ちょっとした不安なんですよ。

ちょっと不満、ちょっとした部分なんです。
それが火事のように、いつの間にか火の手が拡大していって
全身を焼き尽くしてしまっていた。

この状態で、冷静な話し合いなんてできないんです。
だから、もっと早い段階での話し合いが必要だったんです。
でも、早い段階での話し合いを持つためには、
異変に気がついてあげられないとダメなんです。
つまり、異変に気がついてあげる為には、
常に妻や夫のことを見てあげていなくてはいけません。
常に気に留めてあげてなくてはいけないのです。

1人の男性として、、、
1人の女性として、、、
夫として、妻として、、、
大切な家族として、、、

今日は元気がないな、、、
今日はいつもより口数が少ないな、、、
今日はいつもよりそわそわしてるな、、、

こうやってちゃんと見てあげていなければいけません。
そして、声を掛けてあげなくてはいけないのです。

気にかけていますよー、
大事に思っていますよー、
そういったメッセージを送っておかなければいけないのです。
それをしないと、異変に気が付けないからです。
残念ですが、それを怠ってしまったばかりに
2や3の段階になってしまったのです。
この段階での話し合いは、水掛け論になる可能性が高いですし、
浮気の証拠を隠滅される確率も上がりますし、最悪、勢いで
離婚を言い渡されるかもしれません。

離婚までいかないまでも、別居になったり、
疑われていることを知った嫁や旦那は、
浮気相手との密会を控えるかもしれません。

それ自体は喜ばしかもしれませんが、控えるのはあくまで
ほとぼりが冷めるまでです。浮気が無くなるわけではないですし、

第一、それでは、探偵に浮気調査をしてもらっても、
決定的な証拠は得られませんからね…。

2や3の段階ので話し合いは、百害あって一利なしなんですよ。

2や3の段階になってしまったら、
もう浮気の証拠をしっかり押さえた上で、
話し合いはすべきなんです。

浮気はした方が悪いと思いますよ。
私もされた側の人間なので、悪いとは思うんですけど、
愛し合って結婚した夫婦が、すれ違いから離婚するのは、
もっと、悪いと思います。
別れなんて、どちらか一方だけが
悪いなんて事は無いのですからね。
異変に気がついてあげられなかった自分にも責任はあるのです。
ちゃんと、見てあげられなかった自分にも責任はあるのです。

だから、相手を責めるだけではなくて、
浮気をさせてしまった自分にも非があること。
それを早い段階で自覚して欲しいと思います。

自覚した上で、証拠も集めた上で話し合いを持ちましょう。
そうすることで、相手を尊重した話し合いができると思います。
それがあなたが望む、話し合いだと思いますし、
ののしり合う話し合いなんて、誰も望んでいませんからね。

以上が、探偵に依頼する前に、夫や妻と話し合いを持つべきかどうか?
また、話し合いを持つなら、どのタイミングで話し合いをするべきか?
の問いに対する私なりの意見となります。
この他、このブログに載せている情報は、妻の浮気を疑う
苦しい生活から抜け出したいと必死に集めた情報や、
実際に探偵に依頼した、体験をもとに作っています。

1つでも多く吸収して、あなたの役に立てて欲しいと思います。

幸太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浮気発覚までのプロフィール


こんにちは、幸太郎です。

このブログでは、
①私が探偵事務所に妻の浮気調査を依頼するまで
②浮気調査をする前に探偵について調べに調べた
情報を載せております。

表面的な情報に惑わされないように、
これから探偵社を依頼しようとている人は
参考にして下さい。

浮気発覚から探偵に依頼するまで↓
ありのままを綴ったプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る